アルコールの分解を促進|上手にPMSと向き合おう|症状が現れたときの対処方法
メンズ

上手にPMSと向き合おう|症状が現れたときの対処方法

アルコールの分解を促進

家族

アセトアルデヒドの悪影響

飲酒によって気分が悪くなる人もいれば、そうではない人もいます。この違いは、肝臓でのアルコールの分解がスピーディに進むかどうかによって生じます。というのもアルコールは、分解されるとアセトアルデヒドという毒性のある成分となるからです。アセトアルデヒドは、さらに分解されることで、毒性のない酢酸となります。したがって分解がスピーディにおこなわれなければ、体はそれだけ長時間、アセトアルデヒドの悪影響を受けることになるのです。逆にスピーディに分解できる人の場合、アセトアルデヒドの悪影響をほとんど受けずに済みます。そのためスピーディに分解できない人の場合、体を守るためには、過度な飲酒を控えることが大事です。また、アルコールの分解をサポートするオルニチンをサプリメントで摂取することでも、体を守りやすくなります。

飲酒前に飲むことが大事

人間の血液には多くのアミノ酸が存在しているのですが、オルニチンはそのひとつです。摂取したアルコールは、胃腸でまずは血液に吸収され、その後肝臓に届けられます。したがって血液中のオルニチンが多い人の場合、アルコールがオルニチンと一緒に肝臓に届けられることになります。そのため、肝臓でのアルコール分解がスムーズに進みます。血液中のオルニチンが少ない人の場合も、先述したようにサプリメントで摂取すれば、アルコール分解を促進することができます。しかし効果を得るためには、飲酒前に飲んでおくことが大事です。つまりアルコールの摂取前に、血液をオルニチンの多い状態にしておく必要があるわけです。もちろん、日頃からこまめに飲んで、常に血液中のオルニチンの量を保っておくことも非常に効果的です。