夫婦

上手にPMSと向き合おう|症状が現れたときの対処方法

ファミリー

強い抗酸化物質で若さ維持

体の老化の原因のひとつが活性酸素による細胞や組織のサビつきです。体内から活性酸素を除去する酵素が年とともに減っていくため、外部から抗酸化物質を補うことが薦められます。そのなかでアスタキサンチンは強い抗酸化作用を持っていることで美容面や健康面でのメリットが期待されています。

女性の体のメカニズム

ウーマン

生理前のイライラの原因

PMSにより不快な症状の起こる原因には、女性ホルモンの働きが大きく関わっています。正常な月経周期はだいたい25日〜28日が目安となっており、卵胞期・排卵期・黄体期に分かれています。そこでエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンがPMSに大きな影響を及ぼしているのです。まず、排卵に向けてエストロゲンの分泌量が急上昇し、その後緩やかに低下していきます。一方で黄体期に向けてプロゲステロンの分泌量が一気に上昇し、月経開始時に急激に低下します。この2つのホルモンの急激な変動によって、PMSの症状が現われるといわれています。しかし、このように女性ホルモンが分泌されることは周期に合わせた正常な働きであり、排卵や妊娠のために不可欠な体の仕組みなのです。

セルフケアで乗り切る方法

PMSの症状が現われた場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。つらい症状を緩和することが出来れば、メンタル面でも楽になります。自分自身でケアするためには生活習慣の改善が欠かせません。その方法の一つとして食生活の改善があります。ビタミン・ミネラルを含んだ栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。ビタミンB6・カルシウム・マグネシウム・大豆イソフラボンなどの栄養素がPMSの緩和に有効とされています。不足しがちな栄養素はサプリメントで補うのも良いでしょう。ストレスを溜めないために、軽い運動も有効です。ウォーキングやヨガやストレッチなどもおすすめです。温泉施設やスパなどで気分転換するのも良い方法です。不快な症状を緩和し、PMSと上手に付き合っていきましょう。

家族

アルコールの分解を促進

アルコールは肝臓で分解されると、一時的に毒性のあるアセトアルデヒドになります。飲酒で気分が悪くなるのはそのためですが、これはオルニチンのサプリメントを飲酒前に飲むことで回避しやすくなります。血液がオルニチンの多い状態になると、肝臓ではアセトアルデヒドの分解が進み、体が悪影響を受けにくくなるからです。

お腹

精神疾患と腸内環境の関係

精神疾患で長年苦しんだ方も、腸内フローラを整える生活を行うと薬が不要なレベルまで改善されています。精神疾患の治療に欠かせない抗うつ薬は、医師の処方がなくては入手できませんが、腸内フローラを整えるにはスーパーやコンビニでも手軽に入手することができます。